スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年2・23常磐線竜田延伸を許さず、帰還による被ばく強制を拒否しよう!

高線量地帯に、避難民の帰還させ被ばくを強制させるな!JR職員、外注会社の社員の被ばく労働を許さないぞ!
来春に向けて、一大社会問題化しよう!

201308避難区域再編

【「帰還困難」「居住制限」「避難指示解除準備」区域 】福島県内の「避難区域再編」完了
(福島民友)2013年8月8日現在 http://www.minyu-net.com/osusume/daisinsai/saihen.html
(竜田駅は、福島第2原発の近くです。)



楢葉町 竜田延伸1
福島第1原発事故の影響で運転を見合わせているJR常磐線で、広野-竜田間(8.5キロ)の区間で来年春に運転再開が予定されている。それに向けての復旧作業が初めて報道陣に公開された。 枕木下の土砂が入れ替えられ、新しい土砂になっている(奥、手前はまだ入れ替えられていない古い土砂) =6日午後、福島県双葉郡楢葉町 (撮影・大橋純人)
楢葉町 竜田延伸2
福島第1原発事故の影響で運転を見合わせているJR常磐線で、広野-竜田間(8.5キロ)の区間で来年春に運転再開が予定されている。それに向けての復旧作業が初めて報道陣に公開された。枕木下の土砂を入れ替えたり、のり面の修繕などを行っていた=6日午後、福島県双葉郡楢葉町(撮影・大橋純人)
楢葉町 竜田延伸3

楢葉町 竜田延伸4
古い土砂が入れられている大量の土のうが積み上げられるなか、作業が行われた=6日午後、福島県双葉郡楢葉町(撮影・大橋純人)
常磐線の復旧現場を公開 広野-竜田間、来春再開 (産経ニュースより)
2013.11.6 17:59
福島第1原発事故の影響で運転を見合わせているJR常磐線で、広野-竜田間(8.5キロ)の区間で来年春に運転再開が予定されている。それに向けての復旧作業が初めて報道陣に公開された。 枕木下の土砂が入れ替えられ、新しい土砂になっている(奥、手前はまだ入れ替えられていない古い土砂) =6日午後、福島県双葉郡楢葉町 (撮影・大橋純人)
福島第1原発事故の影響で運転を見合わせているJR常磐線で、広野-竜田間(8.5キロ)の区間で来年春に運転再開が予定されている。それに向けての復旧作業が初めて報道陣に公開された。 枕木下の土砂が入れ替えられ、新しい土砂になっている(奥、手前はまだ入れ替えられていない古い土砂) =6日午後、福島県双葉郡楢葉町 (撮影・大橋純人)

 JR東日本は6日、東京電力福島第1原発事故のため不通となっている福島県内のJR常磐線のうち、来年春の運転再開を予定している広野(広野町)-竜田(楢葉町)間8・5キロで進めている復旧工事の現場を公開した。

 重機を使い線路の下の敷石を交換したり、線路の盛り土の傾斜を整えたりしており、全体の約4割の工事が終了。JR東日本の担当者は「ほぼ予定通り進んでおり、今年度末までに間に合わせる」としている。

 楢葉町は、原発事故でほとんどの地域が立ち入り禁止の警戒区域に指定されたが、昨年8月に解除され、現在は避難指示解除準備区域。町は来年春に住民の帰還が可能かどうかを判断する予定で、JR東日本は町の方針に合わせ、再開日を決めるとしている。


第1原発から15km竜田駅【放射線量測定】

http://www.youtube.com/watch?v=hDSFXShtgBU
スポンサーサイト
プロフィール

NAZEN神奈川

Author:NAZEN神奈川
nazen.kanagawa@gmail.com
原発廃炉!被ばく労働拒否・内部被ばくとたたかう!ふくしま共同診療所拡充・発展!国際連帯!たたかう労働運動をよみがえらせる!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。