スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

郡山市保健所「がんのおはなし」 「半分が癌になる」!

 郡山市保健所が「がんのはなし」という8ページのパンフレットを、配布していたのは2011年「3・11」前からのようです。しかし、表紙な書いてある「将来クラスの2人に1人ががんになる?!」「30人のクラスだったら、将来がんになる人は15人、がんで死ぬ人は10人になることに!」では子どもたちに恐怖心を持たせるだけになる。

 一方、中川准教授のブログによると、「生涯累積がん死亡リスク」は以下のように書かれています。

「さて、実効線量で100mSv~150mSv(ミリシーベルト)以上の被ばくになると、がんで死亡する確率(生涯累積がん死亡リスク)が増していきますが、100mSv(ミリシーベルト)で0.5%の上乗せにすぎません。200mSv(ミリシーベルト)では1%と、線量が増えるにつれ、確率は“直線的に”増えるとされています。」(http://tnakagawa.exblog.jp/15130220/ )

 つまり、「放射能の影響は証明できない」「放射能が原因で癌になったとしても、極めて低い率でしかない」「癌になっても、諦めろ」と言いたがっているのが手に取るように見えます。
 たとえ、「0.5パーセントだけだ」と言われても、癌で死亡する人にとっては、100パーセントです。
福島だけのたたかいではなく、全国各地で内部被ばく低減のために行政を追及するたたかいをひろげましょう。

                                           

「福島第一原発の影響か習慣病か?がん検診啓発パンフ巡り郡山市で議論に」
The Huffington Post | 投稿日: 2013年11月13日 15時48分 JST | 更新: 2013年11月14日 00時32分 JST

郡山市保健所配布癌確率
福島県郡山市で小学生向けに配布された「がんのおはなし」と題する啓発パンフレットが、東京電力福島第一原発の事故の影響を心配する市民やインターネットユーザーらから批判を受けている。作成した市保健所は「がん予防の大切さを周知させるつもりで、原発事故とはまったく関係ない」と説明するが、「将来クラスの2人に1人ががんになる?!」といった文句を、放射性物質の影響による健康被害から市民の目をそらす意図があると受け取った人がいたようだ。

ハフィントン・ポスト日本版の取材に応じた郡山市保健所によると、パンフレットは全8ページ。原発事故前の2010年から毎年配られている。東大医学部附属病院放射線科の中川恵一准教授が監修しており、子ども向けにがん細胞のでき方や治療法などの知識、生活習慣病としてのがん予防や家族のがん検診受診、命の大切さなどを子どもや家族向けに啓発する内容。2013年は10月に、市内の公立、私立など計68の小学校の6年生を対象に、市教委に配布を依頼した。

表紙には「将来クラスの2人に1人ががんになる?!」「30人のクラスだったら、将来がんになる人は15人、がんで死ぬ人は10人になることに!」という文言が並ぶ。

11月に入り、ネットで内容を疑問視する投稿が相次ぐようになった。


                                           


崎山比早子先生 『御用学者・東大中川恵一を痛烈批判!』
http://www.youtube.com/watch?v=rwT1Ta8JV6M

2014年2・23常磐線竜田延伸を許さず、帰還による被ばく強制を拒否しよう!

高線量地帯に、避難民の帰還させ被ばくを強制させるな!JR職員、外注会社の社員の被ばく労働を許さないぞ!
来春に向けて、一大社会問題化しよう!

201308避難区域再編

【「帰還困難」「居住制限」「避難指示解除準備」区域 】福島県内の「避難区域再編」完了
(福島民友)2013年8月8日現在 http://www.minyu-net.com/osusume/daisinsai/saihen.html
(竜田駅は、福島第2原発の近くです。)



楢葉町 竜田延伸1
福島第1原発事故の影響で運転を見合わせているJR常磐線で、広野-竜田間(8.5キロ)の区間で来年春に運転再開が予定されている。それに向けての復旧作業が初めて報道陣に公開された。 枕木下の土砂が入れ替えられ、新しい土砂になっている(奥、手前はまだ入れ替えられていない古い土砂) =6日午後、福島県双葉郡楢葉町 (撮影・大橋純人)
楢葉町 竜田延伸2
福島第1原発事故の影響で運転を見合わせているJR常磐線で、広野-竜田間(8.5キロ)の区間で来年春に運転再開が予定されている。それに向けての復旧作業が初めて報道陣に公開された。枕木下の土砂を入れ替えたり、のり面の修繕などを行っていた=6日午後、福島県双葉郡楢葉町(撮影・大橋純人)
楢葉町 竜田延伸3

楢葉町 竜田延伸4
古い土砂が入れられている大量の土のうが積み上げられるなか、作業が行われた=6日午後、福島県双葉郡楢葉町(撮影・大橋純人)
常磐線の復旧現場を公開 広野-竜田間、来春再開 (産経ニュースより)
2013.11.6 17:59
福島第1原発事故の影響で運転を見合わせているJR常磐線で、広野-竜田間(8.5キロ)の区間で来年春に運転再開が予定されている。それに向けての復旧作業が初めて報道陣に公開された。 枕木下の土砂が入れ替えられ、新しい土砂になっている(奥、手前はまだ入れ替えられていない古い土砂) =6日午後、福島県双葉郡楢葉町 (撮影・大橋純人)
福島第1原発事故の影響で運転を見合わせているJR常磐線で、広野-竜田間(8.5キロ)の区間で来年春に運転再開が予定されている。それに向けての復旧作業が初めて報道陣に公開された。 枕木下の土砂が入れ替えられ、新しい土砂になっている(奥、手前はまだ入れ替えられていない古い土砂) =6日午後、福島県双葉郡楢葉町 (撮影・大橋純人)

 JR東日本は6日、東京電力福島第1原発事故のため不通となっている福島県内のJR常磐線のうち、来年春の運転再開を予定している広野(広野町)-竜田(楢葉町)間8・5キロで進めている復旧工事の現場を公開した。

 重機を使い線路の下の敷石を交換したり、線路の盛り土の傾斜を整えたりしており、全体の約4割の工事が終了。JR東日本の担当者は「ほぼ予定通り進んでおり、今年度末までに間に合わせる」としている。

 楢葉町は、原発事故でほとんどの地域が立ち入り禁止の警戒区域に指定されたが、昨年8月に解除され、現在は避難指示解除準備区域。町は来年春に住民の帰還が可能かどうかを判断する予定で、JR東日本は町の方針に合わせ、再開日を決めるとしている。


第1原発から15km竜田駅【放射線量測定】

http://www.youtube.com/watch?v=hDSFXShtgBU

11・3労働者集会 闘う労働組合を全国の職場に!

新自由主義とたたかう労働組合の
全国ネットワークをつくろう!
今こそ闘う労働組合を全国の職場に!

安倍政権の改憲・TPP・民営化・解雇自由・
   非正規職化攻撃を止めろ!
反原発・反失業! 全世界の労働者と団結し
    「生きさせろ」の大反乱を!


20131103民主労総訪韓団
<国際連帯アピール>
Lee Jae-woongイジェウン(民主労総ソウル地域本部長)
新自由主義とのたたかいと、原発・放射能とのたたかいが結合した! ここに勝利の展望がある!

20131103国労郡山


20131103佐藤幸子さん


20131103斎藤征二さん


20131103沖縄学生


小竹運輸チラシ


20131103闘いの決意1分間アピール
<闘いの決意 1分間アピール>
各地からたたかいの展望が明らかにされました。神奈川の教労からも力強い宣言が発せられました。


NAZEN神奈川旗


国鉄闘争全国運動
http://www.doro-chiba.org/z-undou/z-index.htm

最高裁署名の呼びかけ  PDF

最高裁判所宛署名用紙



20131102歓迎会
20131102歓迎会 DC会館
プロフィール

NAZEN神奈川

Author:NAZEN神奈川
nazen.kanagawa@gmail.com
原発廃炉!被ばく労働拒否・内部被ばくとたたかう!ふくしま共同診療所拡充・発展!国際連帯!たたかう労働運動をよみがえらせる!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。